So-net無料ブログ作成

「みずほ銀行、シニア活用企業に優遇貸し出し」記事について [補助金・助成金・融資制度]

                                                 2010年5月4日

皆様、こんにちは。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

2010年5月4日付の日経新聞に、「みずほ銀行、シニア活用企業に優遇貸し出し」のタイトルで記事が掲載されました。
Web上では、http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E2E0E2E2938DE2E1E2E7E0E2E3E29797EAE2E2E2;at=DGXZZO0195164008122009000000 に掲載。

以下、抜粋です。

「みずほ銀行は月内にも、高齢者や障害者の雇用に積極的な企業向けの優遇貸出制度を創設する。高齢者を一定以上雇用する企業や障害者用の補助器具を製造するメーカーを対象に、融資と同時に一定額を無償提供する。高齢者の雇用が広がれば職場や生産ラインをバリアフリー化する設備投資が生まれるとみており、新たな資金需要を掘り起こす狙いがある。

 初年度で100件の融資実行を目指す。優遇の対象は(1)70歳までの雇用機会の確保を推進している(2)障害者を一定の比率以上、雇用している(3)職場のバリアフリー環境を整えている――などの条件を満たした企業。。。。」


私が支援している中小製造業者の多くは、リーマンショック後の経営環境を乗り切るため、従業員の方々に辞めてもらう必要がありました。
中には、シニアで技術力を持った方がたも含まれています。

現在、電気電子業界などの分野で景気が良くなりつつあり、受注量も増えてきています。

この環境下、一部の製造業者では、熟練工の不足が顕在化しつつあります。
また、需要増に対応するため設備投資を考えているが、今後の予測がはっきりするまで投資をためらっている企業も多くあります。


熟練工であるシニアを雇い、かつ、設備投資のための資金獲得が必要な企業にはうってつけの施策である可能性があります。
詳細な条件は確認する必要がありますが、筋の良い施策との印象を持ちました。


今後、支援企業や関連企業で関心があるところが出てくれば、具体的な検討を行いたいと考えています。

よろしくお願いいたします。
以上、

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0