So-net無料ブログ作成
インタービュー・記事の執筆 ブログトップ
前の10件 | -

記事の執筆:『オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を徹底的に洗い出してみる;;近代中小企業』 [インタービュー・記事の執筆]

                                         2017年1月4日

皆様、
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

私は昨年後半、特に10月から12月にかけて非常に忙しく、なかなかブログ・コラムを書く時間の確保ができませんでした。
今年は、可能な限り時間を確保して、ブログ・コラムを更新するつもりです。

今年初めてのブログ・コラムは、中小企業経営研究会が発行しています「近代中小企業」の2017年1月号に掲載しました記事について書くことにします。
URL; http://www.datadeta.co.jp/ 

2017年1月号の「近代中小企業」の特集は、『再チャレンジに活路を見出す「オープン・イノベーションのすすめ」』です。

・2017年1月号の「近代中小企業」の表紙

表紙1701_161219.jpg

この特集号の中で、私は『オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を
徹底的に洗い出してみる!!』のタイトルで執筆をしています。

オープン・イノベーションは、1~2年前から急速にもてはやされるようになっています。
オープン・イノベーションのポイントは、自社内のみの潜在能力や開発能力に頼らないで、強いものをもつ企業同士で協力して「Win/Win」の関係構築することで、新商品や新サービスなどを短期間に効率よく開発・実用化するやり方になります。

インターネットやITの急速普及で、既存事業基盤は絶えず変革や破壊される状況になっており、日本および世界市場で勝ち組になることの難易度が高まっています。

オープン・イノベーションは、上記のような事業環境下で、中小企業が自社商品やサービスなどの商材の競争力を維持・強化するやり方の一つとして有望視されています。

私が今回執筆したのは、中小企業がオープン・イノベーションを効果的なものにするためには、他社との協業(アライアンス)を実効あるものにする必要があります。本稿では「売上拡大」「新規事業拡大」を目的にオープン・イノベーショ
ンが行われることを想定して、その課題や着眼点を徹底的に洗い出して解説しています。書いた項目は以下の通りです。

★協業(アライアンス)のメリットとは
★アライアンス先の選択方法と注意点
★アライアンスの基本スキーム
★アライアンス推進の課題と対応
★契約の締結その実務と留意事項
★まとめ アライアンスの成功の体制・方法・秘訣

・『オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を徹底的に洗い出してみる!!』のトップページ

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイサー161219_ページ_1.jpg

本稿の内容にご関心がある方は、上記中小企業経営研究会のWebサイトからご購入くださるようお願いいたします。

なお、私が今まで書きしました記事については、以下のWebサイトをご覧ください。
URL; http://www.gbma.jp/wordpress/?page_id=620 

よろしくお願いいたします。

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 山本 雅暁


記事の執筆;HANJO HANJO【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か? [インタービュー・記事の執筆]

      2015年8月27日

皆様、
こんにちは。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

7月より、株式会社イードが運営しています「HANJO HANJO」にて、【中小企業の『経営論』】のコーナーで、中小企業の社長に対する経営に関する記事を執筆しています。

このコーナーは複数の人が執筆を行います。私もその一人となります。

8月26日に執筆しました記事は、 【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か? です。

ご関心のある方は、上記記事のタイトルをクリック願います。

今後、「中小企業による海外販路開拓」はシリーズものとして下記項目について書く予定です。

1.何故海外販路開拓が必要か
2.海外販路開拓の手段・施策について
3.販路の一つである代理店とは何か
4.もう一つの販路である販売会社とは何か
5.代理店の探し方は
6.販売会社の探し方
7.代理店としっかりと結ぶ契約とは
8.販売会社としっかりと結ぶ契約とは
9.代理店活用を成功させるポイント
10.販売会社活用を成功させるポイント

これは、最近多くの中小企業から、ASEANや欧米市場などの販路開拓に関する質問や支援要請が入るようになったことによります。


今回の分も含めまして今まで執筆しました記事の一覧は、私の公式サイトの 「専門雑誌取材・執筆記事」 でご覧いただけます。


よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


記事の執筆;HANJO HANJO『【中小企業の『経営論』】第7回:若手定着のポイントとは』 [インタービュー・記事の執筆]

                                                      2015年7月4日

皆様、
こんにちは。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

今月より、株式会社イードが運営しています「HANJO HANJO」にて、【中小企業の『経営論』】のコーナーで、中小企業の社長に対する経営に関する記事を執筆しています。

このコーナーは複数の人が執筆を行います。私もその一人となります。

今回執筆しました記事は、 『【中小企業の『経営論』】第7回:若手定着のポイントとは』 です。

ご関心のある方は、上記セミナータイトル名をクリックしてご覧ください。


今回の分も含めまして今まで執筆しました記事の一覧は、私の公式サイトの「専門雑誌取材・執筆記事」でご覧いただけます。


よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


記事の執筆;HANJO HANJO『中小企業の『経営論;新卒採用を確実に行うためのポイントとは』  [インタービュー・記事の執筆]

                 2015年5月28日

皆様、
こんにちは。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

今月より、株式会社イードが運営しています「HANJO HANJO」にて、【中小企業の『経営論』】のコーナーで、中小企業の社長に対する経営に関する記事を執筆することになりました。

このコーナーは複数の人が執筆を行います。私もその一人となります。

私の第一回目の記事が5月26日にリリースされました。
タイトルは、 「新卒採用を確実に行うためのポイントとは」です。

今後月に2~3回のペースで記事を書くことになりそうです。

ご関心のある方は、上記Webサイトをご覧ください。


今回の分も含めまして今まで執筆しました記事の一覧は、私の公式サイトの「専門雑誌取材・執筆記事」でご覧いただけます。


よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


記事の執筆;日経産業新聞『中小企業 海外展開のツボ;ASEAN進出 3回シリーズ』 [インタービュー・記事の執筆]

                                                  2015年4月18日

皆様、
こんにちは。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

日経産業新聞が中小企業向けに出しています連載記事『中小企業 海外展開のツボシリーズ』にて、私が書きました下記三つの記事が掲載されました。

『ASEAN進出 上 人口多い3カ国に関心』;2015年4月10日付
『ASEAN進出 中 消費、タイに続く3カ国』;2015年4月13日付
『ASEAN進出 下 共同体発足など環境変化』;2015年4月14日付

最近、ASEAN進出に関するアドバイス依頼や支援案件が増えています。今後、中小企業が投資を含めてASEAN進出するのに、当該地域の多面性を理解して行う必要があります。この点について3回に分けて解説しました。


今回の分も含めまして今まで執筆しました記事の一覧は、私の公式サイトの「専門雑誌取材・執筆記事」 でご覧いただけます。

URL;http://gbma.jp/wordpress/?page_id=620

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


12月28日、フジテレビ『新報道2001』に出演しました [インタービュー・記事の執筆]

                                  2014年12月28日

皆様、
おはようございます。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

12月28日(日)に放映されましたフジテレビ『新報道2001』にビデオ出演しました。

12月27日(土)に開催されましたフィギュアスケートの世界選手権(来年3月・上海)代表選考会を兼ねた全日本選手権で、羽生結弦選手が3連覇して世界選手権代表に決まりました。

この羽生結弦選手は、集中力を高めるために、いくつものイヤホンをもっていて、練習中や本番直前までいつもかけていることが知られています。

また、同じような目的で、集中力や創造性を高めるために、勤務時間中に社員にイヤホン装着を認めている企業例として、株式会社ジーニー(Geniee,Inc.)が紹介されています。

紹介された企業のトップは、社員の集中力と創造性を高めるために、イヤホン装着を認めたとインタビューに答えています。

ところで、日本の労働生産性はOECD加盟34カ国第21位です。また、就業1時間当たりでみた労働生産性は第 20 位となっており、アメリカの3分の2程度の水準となっています。

私がインタビューの中で答えた内容は、日本企業は、欧米やアジアなどの海外企業と競争して、世界市場で勝ち組になるためには、新規性や差別化・差異化可能な技術やノウハウ・商材を送り出す必要があり、社員の開発、商品企画、デザイン力などの創造性を高めていく必要があることです。

この創造性を高めることは、中小企業だけでな、中堅・大手企業も直面する課題になります。


ところで、インタビューの中では、詳細内容を述べていませんが、私は、以前何社かの中小企業製造事業者やITベンダーから、新規事業立上や競争力強化のために行う商品企画や開発・設計などの担当社員の生産性や想像力を高めるための支援要請を受けました。

詳細なやり方は、各企業で異なりますが、共通していることは以下のようになります。

・開発などのプロジェクトやチーム運営を行う時のかなめになるリーダーの育成を行う
・リーダーは、開発などのプロジェクトの目的や期待される成果、スケジュールを熟知して、メンバーに周知徹底する
・メンバーの中には、仕事の仕方が未熟な社員もいますので、リーダーには、そのような人に対して、指導やアドバイスをOJT(On the Job Training)方式で行えるようにする
・各メンバーは、プロジェクトの目的や期待される成果、スケジュールを充分に理解するように努力する
・成果やスケジュールを達成するための重要なポイント(クリティカルパス)を洗い出して、全員で共有すると共に、サイボウズなどのITベンダーから提供されているWebサイトを活用したツールを徹底的に使いこなして、情報共有化・見える化を実現する
・リーダーおよびチームメンバーの役割分担を明確にする
・プロジェクトの進捗管理を短時間にまめに行う、など

同時に、プロジェクトチームが働くオフィス環境も、予算やスペースの制約があるとしても、集中して考えたり、開発、企画、設計、プログラミングなどの業務を効率良くできるように変える努力をしてもらいました。

灰色の小さなデスクやイスではなく、やや広めの木製デスクやより座りやすいイスなどの備品も可能な限り使うようにアドバイスしました。

社員が気分を変えて仕事ができる、あるいは短時間で少人数の人たちが必要なときに集まって討議できるように、ノートパソコンをもってきて自由に使えるフリーアドレス型の大型の円形机(またはテーブル)も用意するようにしました。

さらに、最近は女性社員も多く働くようになっていますので、洗面所やロッカールームの充実や、いつでも使える小スペースのキャフェテリアの設置なども可能な限り行ってもらうようにしました。キャフェテリアには、インスタンス食品やスナック菓子、ソフトドリンクバーも設置した企業(ここは、無料で提供しています。)もありました。

社員が本当に集中して業務できる時間は、1~1.5時間と言われています。気分転換したい社員が短時間くつろげるソファーや昼寝用スペースなども可能な範囲で設けてもらいました。

私がアドバイス、あるいは指導した中小企業の中に、上記施策を徹底して行った結果、開発力・企画力の向上、予定通りの商品化を可能にしただけでなく、エンジニアの離職率を下げることに成功した会社も出てきました。

このように、中小企業でも、少ない予算や限られたスペースの制約があっても、知恵と工夫で社員の集中力や創造性を高めることに成功した会社もあります。

今後、中小企業は、少子化の環境下で知的作業を行う社員の確保がますます難しくなっていきます。

少数精鋭で創造力や生産性のよい業務遂行を行う必要性が高まっていきます。また、離職率の低減や女性社員の活用も重要になります。

中小企業の社長は、自社の社員が競争力があり徹底した差別化・差異化可能な技術やノウハウ・商品を出していくためのかなめであることを、もっと理解・認識することが重要になっています。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


書籍の執筆;「株式会社 技術情報協会」発行書籍『ビッグデータの収集、調査、分析と活用事例』の執筆 [インタービュー・記事の執筆]

                                       2014年11月30日

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

このたび、「株式会社 技術情報協会」が2014年11月28日に出版いたしました『ビッグデータの収集、調査、分析と活用事例』の執筆を担当させていただきました。

『ビッグデータの収集、調査、分析と活用事例』は、A4判 約345頁、定 価:90,000円(税抜)の大著です。

「株式会社 技術情報協会」のWebサイトには、『ビッグデータの収集、調査、分析と活用事例』の内容について、以下のように書かれています。

■ こんな悩みにお答えします


1.ビッグデータを効果的に活用するためどのような組織を作り、人を育てれば良いか!

  ・データ活用の効果を高めるためのシステム、組織のあり方!
   ・会議の光景から見えるデータを活用できない組織とは!
   ・全社横串型の組織はどのように作るか!
   ・ビッグデータに関わる人材の向き・不向きの見極め!
   ・組織内外の大量・多様なデータは誰がどのように管理すべきか!

2.組織内外の大量・多様なデータはどのように集めればいいか?
  ・個人のプライバシーに係わるデータをどこまで使用していいのか!
   ・膨大なデータの取捨選択の仕方!
   ・欲しい情報だけを取り出す手法!
   ・SNSから消費者データを分析するポイント
  ・官庁統計データの入手法と使用時の注意点!

3.先進企業はどのように活用しているのか?
  ・自動車、医療、ヘルスケア、農業、エネルギー、インフラ保守・・・
      主要産業ではどのようにビッグデータを活用しているか!
   ・ビッグデータと従来のマーケティング手法とは何が違うのか!
   ・社内のデータと外部のデータ、どのように組み合わせればいいか!
   ・国や地方自治体による予算支援、規制、制度にはどのようなものがあるか?
   ・事業が中断、消滅に追い込まれたケースも・・・
      データ活用と個人情報の保護、どう両立しているか!
   ・新規事業で着実に利益を 伸ばすためには、どんなデータを集め分析すれば良いか?
 
 
詳細は、下記Webサイトをご覧ください。
URL; http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1775.htm


私は、53人の執筆陣の一人として協力させていただきました。

私が担当しましたのは、◇第4章 ビッグデータの収集・調査・分析の仕方◇ 第5節 オープンデータの収集・調査・分析の仕方 の中の 『[5]ネットで収集できる2次データを活用したリサーチ手法と官公庁統計データの活用ポイント』 です。

下記項目について書いています。

1.市場調査の目的と進め方
  1.1 市場調査の目的
  1.2 市場調査の進め方
   1.2.1 調査の準備;調査目的の明確化、仮説の作成
   1.2.2 2次データを活用した調査の実施
   1.2.3 情報収集のポイント
2.官庁統計データの収集・活用法
  2.1 官庁統計の特徴
  2.2 官庁統計使用時の注意点
  2.3 官庁統計データの入手方法


私は、経営コンサルタントを生業としており、製造事業者やITベンダーなどを中心とするベンチャーや中小企業の新規事業立上や海外販路開拓を支援しています。

この支援業務の中で、支援先企業が強みを発揮できる事業分野に、市場・顧客が存在するのか、競合他社はいないのかなどの視点を中心に、市場調査や分析を行います。

この市場調査で活用するのが、インターネット上に存在する2次データです。ネット上の2次データによる調査を効果的に行うことで、市場や顧客の有無などを迅速かつ効果的に情報収集・分析し、必要な行動計画を構築・実行できます。


現在、年に1~2回、「株式会社マーケティング研究協会」が行っています『ネットで収集できる2次データを活用した官公庁統計データ・海外データのリサーチ』のセミナー講師を勤めています。
当セミナーの内容は、下記Webサイトをご覧ください。

URL; http://www.marken.co.jp/marken_seminar/2012/03/post_375.shtml

今回執筆した書籍は、このセミナー内容を文章で体系化したものになります。


この『ネットで収集できる2次データ(官公庁統計データなどを含む)を活用したリサーチ』にご興味・ご関心をもたれる方は、上記書籍を読まれるか、当該セミナーにご出席ください。


よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


記事の執筆;日経産業新聞『中小企業 海外展開のツボ;タイ、製造業投資は時期考慮』 [インタービュー・記事の執筆]

                                                  2014年8月28日

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

日経産業新聞が中小企業向けに出しています連載記事『中小企業 海外展開のツボシリーズ』にて、私が書きました『タイ、製造業投資は時期考慮』が2014年8月25日付の記事として掲載されました。

最近、多くの製造事業者から、タイへの工場建設など新規投資の相談件数が増えています。新規投資では、タイ投資委員会(B01)の動きを注視し、決定時期などを見極める必要があることについて概説しています。

今回の分も含めまして今まで執筆しました記事の一覧は、私の公式サイトの「専門雑誌取材・執筆記事」 でご覧いただけます。

URL;http://gbma.jp/wordpress/?page_id=620

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


記事の執筆;日経産業新聞『中小企業 海外展開のツボ;香港ネト通販、商品力カギ』 [インタービュー・記事の執筆]

                                  2014年5月24日

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

日経産業新聞が中小企業向けに出しています連載記事『中小企業 海外展開のツボシリーズ』にて、私が書きました『香港ネト通販、商品力カギ』が2014年5月22日付の記事として掲載されました。

最近、国内企業から東南アジア向けのインターネット通販事業に関する問い合わせや支援要請が多いことから、関心が高くなっている地域の一つである香港の状況について概説しています。

香港政府は、毎年域内の経済状況に関する統計資料(香港政府統計処)を発表しています。この統計資料は、英語と中国語の併記で書かれています。インターネット上で無償で公開されています。

私が香港に関する情報収集をインターネット上で行うときの情報源の一つになります。

今回、日経産業新聞に掲載しました記事は、香港政府が2013年5月に発表しました『Usage of Personal Computers and Internet Services by Hong Kong Residents, 2000 to 2012』の中の統計調査結果に基づいて書いています。

国内企業が香港向けにインターネット通販を行うときに、考える必要のあるポイントについて概説しています。


今回の分も含めまして今まで執筆しました記事の一覧は、私の公式サイトの 「専門雑誌取材・執筆記事」 でご覧いただけます。

URL;http://gbma.jp/wordpress/?page_id=620

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


記事の執筆;『化学各社で活発化する新製法によるブタジエン生産計画』 [インタービュー・記事の執筆] [インタービュー・記事の執筆]

2013年12月4日

皆様、
こんにちは。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

高圧ガス保安協会(KHK)が毎月一回発行しています、平成25年12月1日付の機関誌『高圧ガス』に『化学各社で活発化する新製法によるブタジエン生産計画』のタイトルで、私が書いた記事を掲載しました。

高圧ガス保安協会(KHK)のWebサイト
http://www.khk.or.jp/ 

国内化学会社が、シェールガス産出に伴うブタジエン不足を補う動きを加速させていることを事例に、国内企業がもっている技術的・開発力で新規事業創出を行う企業姿勢の重要性について書いています。

今回の分も含めまして今まで執筆しました記事の一覧は、私の公式サイトの 「専門雑誌取材・執筆記事」 でご覧いただけます。

URL;http://gbma.jp/wordpress/?page_id=620

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


前の10件 | - インタービュー・記事の執筆 ブログトップ